旅するナースがこどもの居場所をつくりたい理由

あなたが今、目の前に掲げている目標。

その、「何かをやりたい」と思ったときのきっかけは、なんですか?

  

何かをやりたいと強く思うものがあるとき、その心を動かすきっかけが必ずあったと思うんです。

  

わたしはその「やりたい」って思う気持ちを、大事にしたいと、常々思っています。

  

例えぼんやりとしていることだとしても、そう思うまでに、その人だけの大事なストーリーがあると思うから。

  

この記事では、私がどん底の気持ちを抱いてから、自分の視野を広くもつことで見えてきた世界や、こどもの居場所づくりがしたいと思った経緯などを紹介しています(^ω^)☆

半径1キロ以内の世界で

生まれてから中学生の頃までは、コミュニティがとても狭いです。

わたしは、半径1キロ以内が自分の生活範囲で、そこでどううまく立ち回ればいいのかをよく考えていました。

  

周囲の顔色を窺い、考え方の違いに悩み。

  

失敗したり、怒られたりすると、「自分はなんてだめなやつなんだ」とか「自分の性格がいけないから」とか、ネガティブ思考になっていました。

  

日記帳に、自分を励ます言葉や、自分を保つための言葉を殴り書きしていました。

周りと比べることも日常茶飯事で、どうやったら気に入ってもらえるのか。頑張ったとほめてもらえるのか。

自分を受け入れてくれるところはどこなのか

常に、わたしの心の受け入れ先を、探していた記憶があります。

  

自分をみてほしい

わかってほしい

ありのままの自分をうけいれてほしい

恵まれた環境で育ったけれど、心は常に満たされない。

  

ありのままの自分を受け入れてくれるのはどこだろう?

  

大人の何気ない一言や、周りの同世代からの言葉は、こんなにも自分の人生を左右してしまうのか。もっと近づきたい理想の世界があるのに、なんでうまくできないんだろう。

 

自分らしくって、何だ?

いつも答えを探していました。

 

自由な気持ちで生きていい

周囲に認めてもらう手段として、わたしは勉強することを頑張りました。
おかげで、志望の高校へ無事入学。

そこで出会った友達は、私を受け入れてくれて、仲間にしてくれて、失敗もユーモアに変えてくれて。自分の心の緊張が少しづつ、溶けていくのを感じました。

  

人に受け入れてもらえるって、嬉しい。

狭い世界にとらわれず、自由に生きていい。

日本だって、世界だって、こんなに広いんだから、自分の生きれる場所はある。

 

はじめてそう感ることができました。

でも、その仲間たちは、私の目には完ぺきに映りすぎました。

勉強もできて、スポーツもできて、可愛くて、友達思いで…そんな完璧な仲間たちばかりで、なんで自分は理想の通りにできないんだろう、と再びネガティブな思考に走るのでした。

  

私は何をしてもだめなのだろうかと。コンプレックスの塊だと。

  

恋愛においてもネガティブでした。

なんでこんな自分のことを好きになれるの?と相手を疑ったり、自分のことなんてどうせ好きになってもらえない、などと思う日々。

自分って難しいなぁ。と思うことも多々あり、自問自答の日々が続きました。

  

こどもの心を理解したい

わたしはなぜ、このように考えるようになってしまったのだろうか。

  

やっぱりこのままでは嫌。わたしのこころの動きを知りたいと思うようになりました。

そうこう考えるうちに、こどもの頃の環境が影響しているのかな?と考えるようになりました。

  

こどもの心を知ることができれば、わたしの心の動きも理解できるかもしれない…!もやもやした気持ちから、開放されるかもしれない!!

「こども」「心理」「発達」というキーワードに興味がわいてきました。

  

母がわたしに、看護師になってほしいとよく言っていました。看護師になることで「親の言う通りに動いている自分が嫌だな」と思っていましたが、「看護師になれば、就職面でも親に文句を言われることはないか」とひらめき(笑)。

医学の分野はもともと好きだったこともあり、
”こども×発達心理×医学=看護” で看護師の道へ進むことを決意したのです。

小児看護をやりたい

不真面目な看護学生でしたが、小児看護の分野は楽しい。

こどもの成長発達を促す看護を学んでいくと

「エリクソンの自我発達理論」とか

「愛着形成」とか

まさに性格形成につながる理論をたくさん学びました。ここから、生きる上での考え方のヒントを得ることができたように思います。

  

もちろん、理論が全てではありませんが、わたしは大方、そういう理論の型にはまって順調に成長してきたんだなあと思うようになると、気持ちが少し楽になったのです。

  

なんでこんな汚い気持ちを抱くのだろうって思っていたことも、正常な気持ちの変化なのだと思えるように。

そっか、人間そういうものか

自分だけではなくて、周りの人も同じか

みんな一緒なんだよ

と思うことで、なんだかほっとするような気持ちになりました。

  

世界を旅するようになって

小さいころは、父によくいろんなところに連れて行ってもらっていました。

外に出かけるのが楽しくなったのは、父のおかげ。

大学生になり、時間とお金を得た私は、

自分で日本各地や世界へと旅をするようになりました。

f:id:kodomonoie:20190217120518j:plain
f:id:kodomonoie:20190217120548j:plain

看護師になってからは、シフト休みということもあって、一人で旅をするようにもなりました。

日本や世界を旅するようになって

ゲストハウスや旅の途中で出会った人達に、たくさんの刺激をもらいました。

f:id:kodomonoie:20190217121054j:plain

自分と同じ考え方の人たちに出会えたことがうれしかったし

お世辞でも「素敵だね」と、私のことを言ってくれる人たちに出会えて

自分に自信がもてるようになってきました。

狭い世界にとらわれなくていい

 

自分の合わない世界にいなくていい

自分が自分らしく生きれるように。

そう思わせてくれました。

たくさん悩むことはあるけれど

たくさん悩んだからこそ見えてきた世界があり、その上で旅をしたからこそ、たくさんの気づきが持てるようになり、客観的に自分を見れるようにもなりました。

看護師の仕事をしていても同じです。

こどもたちや親御さんから、いつもたくさんの刺激や新しい考え方をもらっています。

学生時代に自分の置かれている環境のせいにしていたことも、実は自分のことを受け入れていなかっただけなのかもしれません。

親からの愛情さえも受け取れていなくて
友だちからの思いやりも受け取れてなくて
ただただ周りのせいにしていました。

もちろん、そうなってしまった環境要因もあります。

けれど、それだから一生わたしの性格は変わることができないとは言えないと思うのです。

自分の考え方の視点を変えるだけで
こんなにも周りの見え方は変わってくるのだと
ようやく気付くことができました。

今では、私に関わってくれているみんなの愛情をしっかり受け取ることができるようになってきています。

こどもの居場所をつくりたい!

「居場所」という言葉から、どんなことを連想しますか?

  • 心地よい
  • 安心できる
  • 仲間がいる

私はこのようなキーワードを連想します。

みんなが受け入れられて、認められる場所を作りたいなと思っています。

きっかけは、この記事を読んでくださったように、今までの環境の中でもがいた経験と看護師の仕事をしていて出会った子どもたちからの影響があります。

彼らも含め、自分という一人の人間を認め、他人を認めることができる居場所。

自分が自分らしくいれる居場所。

人の本質を知ることができる居場所。

これからアイデアをたくさん集めて、形にしていきたいと思います。

追伸 2019/11/5

わたしのブログを通して、小児看護の輪が広がればいいなと思い、このブログを書いています。小児看護、小児医療について考えたり携わる人が増えたら、結果的に病気や障害のある子ども達や、その家族が生きやすい社会になるのではないか。

「”まぁるこヒュッテ”を通して、小児看護の輪を広げ、暮らしの中に病気や障害のある子の居場所を作る。」
これが私の今の目標であり、居場所づくりの最終目標となりました。
今後とも、どうぞよろしくお願いします。(`・ω・´)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

明日も会いたい人になる。 自分の心のもやもやを解決したい⏩小児看護の道へ。成長の源は、人と旅と看護の出会いから 小児がん3年 / 小児訪問看護1年目 小児医療人集まれ~!の会 主宰(不定期開催)。1992年生まれ。山が好きです。