⁂WaKuWaKa⁂

ゆるりと過ごす日常は、小さな旅の積み重ね ー20代のイマのリアルな声ー

海外旅行にはGoogleマップとMAPS.MEが必需品!!

【スポンサーリンク】

こんにちわ!

旅するナース、侑子です!

海外を旅するときに、必須なアイテムは?と聞かれたら

Googleマップは絶対必須!!!

とお答えします。

f:id:kodomonoie:20190418122844p:plain

 

 

 

海外旅行で必須な理由と、使い方について紹介していきます。

世界中、どこでも表示される

Googleマップの良いところは、ずばり

どこでも表示されるところです。(良くも悪くも)

 

以前、スイスに一人旅に行ったときのこと。

空港に到着後、宿にチェックインするために近くの駅まで電車で数時間。

あらかじめ日本で乗り換えを検索していましたが、1本早い電車に乗ったんですよね。

 

そのときは、ガイドブックの地図だけが頼り。

 

Wi-Fiも持っていない(まだあまり普及していなかった、と思う)

SIMカードも使用していない、という状況で、

 

電車を乗り間違える→やっと目的の駅に着いたが真夜中→暗くて道がわかりづらい→ガイドブックでの地図では道がわからない→人がいない→道が聞けない→見知らぬ土地で迷子(;_;)!!!

 

この時は奇跡的に通りすがりの方に助けていただけましたが、

アナログでは臨機応変に対応できないことを痛感しました。。

 

その点、Googleマップでは、位置情報をオンにすれば

現在地から目的地までの経路が簡単に調べられます!

もう迷子になることはありません!(笑)

そして、スマホがあれば事足りるので、荷物を減らすにも便利です。

 

どこに行く?どうやって行く?全てGoogleマップ!

➀まず行きたい目的地を検索(例:Auckland空港)

②目的地が表示されたら、次は「経路」をクリック

➂◎のマークがついている横の空欄に、出発地を入力

(例:現在地、Newmarketなど)

④そうすると、出発地から目的地までの交通手段や車、徒歩の時間などが表示されます。

 

例えばここで、公共交通機関で行きたいときはバスのマークをクリック!

すると、乗るバスや電車の乗り換え案内が表示されるので

知らない土地でもスムーズに乗り換えができます(^ω^)

 

海外に行くと、日本のように次の停車駅を電光掲示板で表示することがない場合があります。

そうなると、降りたいタイミングがわからない!という現象に陥ります。(笑)

 

そんなときも、Googleマップが便利!

経路検索をして、

移動中もグーグルマップをオンにしておくと、

降りたい停車駅が近づいてきたときにわかりますよね。

わたしはニュージーランドでバスに乗っているときに、とっても助かりました!!

 

使うときの注意点

Googleマップの検索は、オンラインしかできません。

なので、事前にWi-Fiがあるところなど、オンラインの状況で

経路を検索する必要があります。お忘れなく!!!

(※オンラインで事前に地図をダウンロードしておけば、検索できるとの情報もあります!)

オンラインで検索した後に、検索結果が表示されている状態でオフラインするのはok。

 

オフラインで使用したい場合は

オンラインで検索する

    ↓

検索結果を表示

    ↓

検索結果を表示したまま、機内モードに✈

    ↓

オフラインで目的地までたどり着けます♡

 

Googleマップは、もう手放せません(^^)

突如オフラインで使いたくなったときには、MAPS.ME!

そうはいっても、突然オフラインで検索したくなるときはたくさんありますよね。

そんなときは、MAPS.MEが便利です!!

 

あらかじめ、オンラインの時に、訪問国の地図をダウンロードしておく

②虫眼鏡のマークをタップ

➂検索のところに、目的地を入力

④「↑へのルート」というマークをタップ

⑤車、徒歩、電車などのマークが表示されるので、希望のマークをタップ

⑥使用開始♡

 

➀がとっても重要なので、使用する前にお忘れなく!

Googleマップ、MAPS.MEのどっちが便利?

わたしの私的な視点からですが

Googleマップのほうが使いやすいな、という印象です。

MAPS.MEでは、正確な場所であったり、検索結果が表示されないことがときどきあったからです。

(Airbnbで、目的のおうちに行くときに困りました。)

 

まとめ

以上、GoogleマップとMAPS.MEのおすすめ理由と使い方でした!

両方のメリットがあるので、良いとこどりして使うのがよいかなと思います。

 

 

 

【スポンサーリンク】