即時発行可能!国際免許証の取得方法を解説☆

先日ニュージーランドで初めて海外でドライブをしてきました。

 

始まるまではドキドキでしたが、実際運転してみると

なんだかニュージーランドで暮らしているような感覚…♡

海外で車を運転するには国際免許証が必須です!

わたしは出発の前日に発行しに行きましたが、その日に発行してもらえました。

発行方法と、発行に必要なものなどを解説していきますね!

国際免許証はどこで発行するの?

  1. 運転免許センター
  2. 運転免許試験場
  3. 各都道府県の警察署

1と2番は即日発行ができますが、3番に関しては発行までに2週間程度必要とのことで、ご注意ください。

3つとも、あなたのお住まいの都道府県の施設で行います。

国際免許証発行に必要なもの

  1. 写真(縦5cm×横4cm
  2. Eチケット、もしくはパスポート
  3. 印鑑
  4. 発行代

1番は忘れる人が多い、またはサイズを間違ってしまう人が多いとのことです。

私はパスポートを持っていくのを忘れてしまったので

Eチケットで発行しました。

プリントスマッシュというアプリを使えば、コンビニのプリンターでもその場で発行可能です(^O^)(android端末用)

play.google.com

Eチケットは、持っておくと旅行中も使えるので、発行しておくことをおすすめします。

3番の印鑑は何に使ったかというと、

国際免許証の発行代の証紙に判子を押すためです。

ちなみに、発行代は2350円でした。(2019年4月発行)

発行方法

発行に必要な持ち物を持って、免許センターなど所定の場所へ行けば

あとは職員の方の指示に従ってください。

私は1~2時間以内には発行できました!

(住所変更など、他の手続きも合わせてやっていたので、正確な時間は不明ですが…)

国際免許証取得に関する留意点

  • 有効期限は発行から1年
  • 国際免許証が使用できる国が限られている
  • AT車、原付は一つの免許証では運転できない

お住まいの都道府県のホームページもご確認ください。

おわりに

国際免許証が発行できれば、海外ドライブへ一歩近づきますね!

簡単なので、初めの一歩として発行してみてください。

安全運転で、いってらっしゃいませ~!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

明日も会いたい人になる。 自分の心のもやもやを解決したい⏩小児看護の道へ。成長の源は、人と旅と看護の出会いから 小児がん3年 / 小児訪問看護1年目 小児医療人集まれ~!の会 主宰(不定期開催)。1992年生まれ。山が好きです。