死性観について語ろう。~これからどう生きていくべきか悩んだときに、考えるべきこと~

日常生活を送っていて

死ぬというとこ、生きるというとこを

どれだけ意識する機会があるのでしょうか。

死ぬということ、生きるということについての考えを、死生観と言います。

  

私はあるきっかけで、自分の死生観について語り合う機会がありました。
死ぬことを考えたことで、毎日を生きるということが、より意識することができたんです。

  

生きるための目標を見失っている人。
日々をなんとなく過ごしていて、物足りなさを感じている人。

  

一緒に、自分自身の死生観について考えてみませんか?

   

人生、有限であると意識し始めたきっかけ

 
 

 

世間では、人生100年時代と言われるようになりましたね。
もし今後100歳まで生きるとして、27歳の私には残り73年。
  
 
 
長いなぁと思いますが、そのうちで何不自由なく過ごすことができるのは、あと何年でしょうか。
 
本当にいつ何が起こるかわからない。
それは明日かもしれないし
何十年後かもわからない。
 
その命がこの瞬間、突然終わるかもしれない。
  
  
 
当然のように明日も生きることができると考えていた私は、あるきっかけで考え方を180°変えることとなりました。
それは、看護師として小児がんと闘う子ども達と一緒に過ごしたことでした。
  
 
 
 
 
 
 
目のまえで、私より短い生涯を終えようとしてく命がある。
 
何故彼らがこんなに早く生涯を終えなければならないのか。
目の前の出来事に対して、そう思わずにはいられませんでした。
 
 
同時に、今後自分はどう生きていくべきなのか。
このままの生き方でいいのだろうか。
 
私が子ども達に対してできることとは、何なのだろうか。
 
子どもの死と向き合う中で、自分の課題とも向き合うこととなりました。
 

生と死について語り合う

先行きの見えない日々を過ごしているとき、
緩和ケア病棟で働く看護師・松山寛子さん(@hirokomushikanw)に出会いました。

当時、松山さんは大阪で『生と死について語り合う交流会』を主催されいて

 交流会に参加してみない?

  

と、声をかけてくださったんです。

「これからどう生きていくべきなのか語り合いたい。

子どもたちにできることは何か、ヒントを得たい。」

そう思った私は、この会に参加してみることにしました。

 

余命1ヶ月で、自分が大切にしたいものとは

この交流会には医療者だけでなく、様々な職種の方が参加されていました。

きっかけは仕事や家族の影響など。
何らかの形で死と向き合ってきた方たちでした。

今回の語らいのテーマは「余命1ヶ月だとして、自分が大切にしたいことは何か」というものです。

(※毎回内容や語り合う方法は違うようです。)

いきなりそんなこと、思いつきませんよね(笑)

  

私も自分の考えを言葉にすることに難しさを感じていました。

それを誘導してくれたのが『もしバナゲーム』というカードゲームです。

死に方の理由には、その人が生きてきた背景が映る

もしばなゲームとは、数ある中のカードから、「重病のときや死ぬときに自分が大切にしたいと思う内容のカードを、3枚選び抜く」というものです。

このカードゲームをしていて面白いのは、同じ内容のカードを選んでいても、そのカードの組み合わせによって人それぞれの選んだ理由が違うということ。

 

『家族と一緒に過ごしたい』というカードを選んだAさんとBさん

理由は以下の通り

Aさん:「余命1ヶ月ではどこかに行ける体でもないから、家族と病室で過ごしたい」

Bさん:「今まで仕事ばかりで家族との時間が取れなかったから、最期くらいは家族と過ごしたい」

『家族に負担をかけたくない』というCさんとDさん

Cさん:「介護施設で、死期が迫っている利用者様がいた。家族が何度も呼び出されているのを見ていた。自分自身はそういう負担はかけたくないと思ったから。」

Dさん:「最期の息を引き取るタイミングで家族が側にいなくてもいいと思っているから。」

本当にいろいろな意見がありますね。

私は3枚のカードで次のものを選びました。

選んだ3枚のカード
  • 私の価値観や優先順位を知る意思決定支援者がいる
  • 人との暖かい繋がりがある
  • 良い人生だったと思える

  

理由も書いていきますね。

私の価値観や優先順位を知る意思決定支援者がいる

→ここで言う支援者は、医師や看護師、自分の夫、自分の子供、両親など、その時傍にいる身近な人のこと。

その人達の力がなければ満足な最期は迎えられないだろうと思うから。だからこそ、両親とは意思の共有をする必要がある。

夫となる人とは、日頃から様々な自分の意思を共有できてお互いを尊重できる人が良いと思う。

②人と温かい繋がりがある

→人生を明るく照らすものだと思うから

➂良い人生だったと思える

→最期は痛みがなく穏やかに死にたいから。

良い人生だったと振り替えれるということは、振り替えっているときに痛みがない(振り返れる余裕がある)。死ぬことを自分も周りも受け入れており、死に前向きに向き合えているときだと思うから。

  

具体的に考えると、そういう最期を迎えたい。

やり残しのない人生を歩みたい。と、感情が沸き上がってきました。

  

ここまで具体的に死ぬときに大切にしたいことを考えたことはありませんでした。

けれど、選んだ理由として死への思いを語ることで、語りながら自分の思いを整理していくという感覚が掴めました。

  

この体験をもとにすると、死ぬときのことを考えることで、これからどう生きていきたいのか生き方について考えるきっかけになることがわかりました。

  

ゴール設定をすることで、生きていく方向性や大切にすべきものが明確になっていく気がしました。

  

死ぬことに対する価値観は本当に多様です。それまでの生き方が現れてくる場面だと思います。

 

興味ある方は、ぜひこのもしバナゲームやってみてください(⌒‐⌒)

  

幸せに死ぬってどういうこと?

松山さんは、世の中の人が幸せな最期を迎えられるように、と活動されています。

私たちが幸せに生きていくためにはどうしたらよいでしょうか?

  

死ぬときに大切にしたいものの価値観が多様であったように「幸せに死ぬ」という価値観も、人それぞれなのでしょう。(火葬じゃなくて、ミイラがいいと言っていた方もいました。)

  

1つ考えられるのは、「目の前の出来事を肯定的にとらえること。そして感謝できること。」ということです。

  

生きている延長線上に死ぬということがある。
だから、幸せに生きることができないと、幸せに死ぬことは難しいのです。

生きているときに、いかに自分のことを大切にし、肯定的にとらえられているか。

 

死に様は生き様を映す鏡であると思います。

  

交流会に興味のある方、参加されたい方は

ぜひ問い合わせてみてください(^^)*(更新:2020年1月時点では、この交流会は開催されていないようです。

→ Email:palliativecaremind@gmail.com

これからを生きていく

死性観とは、年代や今後生きていくなかで変化していくでしょう。

それは自然なことであると思います。

常に自分の課題と向き合い、死ぬことについてもよくよく向き合っていきたいです。

また死に向かっていくと体も思うように動かなくなっていきます。
そのため周りの手伝いなくしては生きていくことは難しいです。一人で生きていくと突っぱらず、周りの支えを感じながら成長していける自分になりたいですね。

  

27歳の今思うことは、

自分が健康であること

満足いく生活ができていること

自分の心に素直に生きていけること

身近な人達を思いやれること

多くの人の価値観に触れること

やりたいことはチャレンジすること

以上のことを心に刻み良い人生だと思えるようにこれからを生きていきたいです。

  

生き方に悩む方は、死ぬということを考えてみると何かヒントが見つかるかもしれません。

  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

【看護師/ベビーマッサージ講師/小児タッチケアセラピスト】 人格形成の原点はどこ?を解決したい⏩小児看護の道へ。 細く長く看護師続けたい! 成長の源は、人と旅と看護の出会いから 小児がん病棟勤務→27歳で訪問看護師になる。 明日も会いたい人になることが目標です。 小児医療人集まれ~!の会 主宰(不定期開催)。 1992年生まれ。山が好きです。