**Wakuwaka Hutte**

ゆるりと過ごす日常は、小さな旅の積み重ね ~迷える人の憩い場、避難小屋、そして道標~

「人の目を意識する癖」を取っ払おうと決意した結果、1か月後にハワイに行けた話。

【スポンサーリンク】

「人の目を意識するという癖は
なんて自分を狭くしてしまうことだろう。」

ー  幡野広志『ぼくがこどもの頃、ほしかった親になる』

 

 

この言葉にはっとして、

私は1人旅でハワイに行くことを決めました。

はい、これが私の”引き寄せの旅”の始まりです。

 

 

ぐずぐずしてて決められなかった

転職の合間の期間で

結構お金がなくなってきていて

底つきそうな感じのときでした。

 

生活の不安もありながら

少し看護師のバイトをしてたので

 

「低予算ならどこか行けるかも。

 できたら海外に行きたいなぁ…」と

 

そんなことをぼやぼや考えて

うだうだしていました。

 

そのとき私、ずーっと気になってた国があったのです。

 

 

 

 

 

それが

 **Hawaii**

f:id:kodomonoie:20190708224613j:plain


 

なぜハワイの虜になる人が多いのだろう??

 

気になる…。

行ってみたい…。(゜゜)

 

ハワイに1人で行く女性が増えてきてるって

よく聞くようになってきたけど

実際一人で行くのはさすがに気が引けるな…。

 

横にいる人に

「うわ、あの人一人でハワイ来てるんやw」

とか思われんのかな。とか(笑)

 

そんな気持ちで葛藤しながら

私はバイト終わりに

ふらふらと蔦谷書店に足を運びました。

 

幡野さんの本に、克を入れてもらった

 

蔦谷書店で目に留まったのは

以前から気になっていた

幡野広志さんが執筆された1冊の本。

 

病気を患ったということをきっかけに

幡野さんが思う生き方と

まだ幼い息子さんへのメッセージが書かれた

思いの詰まった1冊でした。

 

夢中になって読み、

 

リアルな情景に心打たれました。

 

そこで見つけたのが

「人の目を意識するという癖は
なんて自分を狭くしてしまうことだろう。」

との一文。

 

なんて小さなことで

もやもやしていたのだろうと

馬鹿らしくなった。

 

自分が行きたいから旅に出るのであって

誰かのために、や

誰かに披露するために

旅に出るわけではないのだ。

 

私だって、

いつどの瞬間に

死ぬかもわからないのだから。

 

悩むだけなら

時間の無駄でした。

 

ここから加速する引き寄せ

勇気をたっぷりもらった私は

その勢いで航空券を検索。

 

そういえば

以前特典航空券を検索したことがあって

ハワイに行けるだけのマイルが溜まっていたはず。

 

検索の結果、

ハワイまで飛べるマイルがばっちりあり、

希望の日程でマイルで航空券を確保しました。

 

大方の計画を練っているときに

 

そういえば

幼馴染がハワイに滞在し始めていたような…?

と思い出します。

 

SNSで調べると

確かにハワイに長期滞在している様子。

 

すぐに連絡を取ると

なんと私が特典航空券に合わせた日程で

仕事の休みを取ることが可能だとのこと…!

 

この瞬間

「わ!私、ハワイを引き寄せた!!」

と、思わずにはいられませんでした。

 

なぜなら彼女とは

東京で暮らしていた期間も被っていたのですが

タイミングが合わず

3年間1度も会う機会がなかったからです。

 

人生すべてタイミング… 

 

そういうわけで

ハワイでの滞在期間中

一人旅感も味わえるし

友達とのハワイも楽しめるし

2度おいしい旅になったのでした。

 

▼関連記事

www.tabisurunurse.com

 

なぜこんなにうまく実現したのか?

簡単に表現すると

「信じたことが現実になった」のです。

 

「ハワイに行ける!」と思って行動を起こしてから

あれよあれよと実現しましたが

 

よく考えると

もともとハワイに行きたいな~と

考えていたので

もともとアンテナがたくさん立っていた

言えるかもしれません。

 

ハワイに行った自分のイメトレが

できていたから叶ったのかも。

 

さらに、何かを実現するためには

目の前のことを前向きにとらえることができる

ということが、

自分を支える思考になると思います。

 

例えば

「お金がほしい」「お金がない」と思えば

そう願っている状況が実現します。

 

コップに半分の水が入っていたとして

「もう半分しかない」と思うか

「あと半分入っている」と思うかで

前向きにとらえれるかが変わってきます。

(お金に関して言えば、確実に後者の考えのほうが幸せになれると思います。体験談より)

 

私の場合、幡野さんの本の一文で

「これは私に向かって言っていることだ!」と

前向きに?とらえたから

実現への1歩を踏み出せたのだと思います。

 

全てはタイミングであり

チャンスは必ず掴んでいく。

そうすることで叶うことも増えてくる。

 

完全に実体験に基づいた見解ですが

適切なタイミングでつかんでいくことって

大事だなと思いますし

「最悪だ」と思ったことを

無理やりにでもプラス思考に変換していくほうが

人生楽しいような気がします。

 

以上、引き寄せHawaiiの旅についてでした(^^*)

 

 

 

 

 

 

 

【スポンサーリンク】