【日記継続歴15年】3年日記の楽しい続け方とその効果。

f:id:kodomonoie:20190815165912p:plain

自分でタイトルを付けていて一人でびっくりしていましたが

日記を続けて15年目となりました。
日記を書き始めたのは、小学6年生の頃です。

忘れっぽい性格で、記録として書き始めたことがきっかけです。

いままではノートに自由に書いていたのですが、去年から3年日記に変更しました。

声を大にして言いたい。

3年日記は面白いです。

ちなみに、私はもともとまめな性格ではないのですが…

それでも楽しく続けています。

自己流、3年日記の楽しい続け方をお伝えしていこうと思います。(^^)

3年日記のここが面白い!

➀行数は決まっているようで、関係ない

日記のページを開くとこんな感じです。

f:id:kodomonoie:20190713230247j:plain

これを見て、

「7行もあるんか…」と思うか
「7行しかないんか…」と思うかは、あなた次第。

私は行数ほぼ無視で書いています。(笑)

書きたいことがあふれている日は、次の日付の欄に乱入します。(笑)
逆に、書くことがない日は7行に満たない。
そして、まっさらな日もあります。

実は写真の日(12月13日)が、何も書いていない、まっさらな日です。(笑)それでもいいのです。

日記は書きたいから書くもので、書かなければならないものではないと思うから。

これが日記が楽しく続く、わたし流のコツの一つです。

②去年の自分に笑い、励まされる。

日記の面白いところの1つは、読んでいると、過去の自分の気持ちにそっと触れることができることです。

今まで15年日記を書いていて、自分の日記を読み返すということがありませんでした。

なぜなら、日記は日々の思いのはけ口だったから。
わたしの日記は、愚痴を言う相手みたいなものです。

なので、愚痴を読み返すのはちょっと嫌でした。

しかし、3年日記を始めてからというもの、
去年の自分と出会うって、こんなにおもしろかったんだ!
と、気づき始めました。

3年日記は、書き始めて2年目で、やっと去年の自分とご対面することができます。

すると、「○○が嬉しかった」や「△△がしんどかったー」など、リアルな情景が復活していきます。

(3年日記をきっかけに、今までB5ノートに書いていた日記も読み返していたのですが
思春期のときの恋愛事情を綴った日記とか恥ずかしさ満開で、リアルで面白いです。(笑))

3年日記には、仕事、恋愛、将来への不安、本を読んだり講演を聞いたりした感想など沢山綴られていました。

去年の自分にまた共感する部分や考え方が変わって今はこう考える、とか
赤ペン先生のように去年の日記に赤でコメント入れて楽しんだりしています♪

来年の自分はどんなコメントを書くだろう…♬

こんな風に、自分の心情の変化や成長などに気づくことができるのも
日記を書き続けているからこそ感じれることです。

トイレが壊れた事件が詳細につづられていた日があって、ほんとに笑いました。

➂自己分析ができて、もっと自分と仲良くなれる。

日記を書いていると嬉しかったことや悲しかったこと、苦しかったことなど、自分の感情にたくさん出会うことができます。

もやもやした自分の心の内を言語化することで、だんだん自分の感情の揺れるポイントがよくわかってきます。

言われて嬉しいことや自分のお怒りポイントなど。

そこを掘り下げてみてください。

なんで嬉しかったか?

なんで怒ったのか?を。

そうすると、私の根本の悩みがわかってきます。

自分の感情の背景を感じ取ってみてください。

このようにして、感情が揺れるポイントがわかってくると、自分で感情のコントロールができるようになってきます。

私はもやもやして気持ちが落ち着かなときは、無理やりにでも言語化してみます。

言語化すると、感情を客観的に見ることができるので、気持ちが切り替えやすくなります。また、その方法がわかるようになってきます。

日記は自分をよく知ることができるツールとしても活用できます。

自分の考え方の傾向がわかることで、自己理解が進むので、自分ともっと仲良くなれます。

日記を継続して、人間関係も変わってきたなぁと実感しているところです。

過去があり、今の自分がある

日記の中で、本当の自分の心を打ち明ける

3年日記の良いところは、必然的に去年の自分に出会えることです。

私はかつて、過去の自分のトラウマや苦い経験を無かったことにしようと、自分にも周りの人にもウソをついていることがありました。

過去と現在の自分を切り離したかったのでしょう。

しかし、それではどこかで、”自分を演じること”に苦しさを感じ始めます。

本来の自分ではないからです。

でも、日記の中では本当の自分の気持ちを打ち明けることができていました。

そして自分で自分の心の内にウソをつくのは辞めようと、思えるようになりました。

日々繰り替えしていくことで、少しずつ、周りの人にも素直な気持ちを話せるようになっています(^^)

過去に感謝し、次のステージへ

3年日記をしていると、常に過去の自分を振り返りながら前に進むことができます。

例えば、去年の私は「人との御縁の紡ぎ方」について悩んでいました。

そして去年1年間から今現在にかけて、「人との御縁の紡ぎ方」について学びを深めてきました。

その悩みについて、1年間日記の中でアウトプットを繰り返しています。そして、現在に至ります。

日記を読んで振り返ると、悩みの経過がとてもよくわかります。
同じところで堂々巡りをしているとか、少し進展したとか。

1年間の動向を照らし合わせて読んでいると、過去と現在が通じているということが実感できます。

過去でこれだけ悩んできたから、今の私はここにいるのだと。

過去があって今があるということに、とても感謝できるようになりました。
過去は過去であり、流れゆくもの。昔の出来事に執着する必要は何もないと思えるようになりました。

まとめ

私にとって日記は、感情のデトックスのようなものです。

できたら毎日書きたい。

書かないと気持ち悪い。

インプット過多は体に良くないです。

過去に向き合って、受け入れて、今を楽しく生きていきたいものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

明日も会いたい人になる。 自分の心のもやもやを解決したい⏩小児看護の道へ。成長の源は、人と旅と看護の出会いから 小児がん3年 / 小児訪問看護1年目 小児医療人集まれ~!の会 主宰(不定期開催)。1992年生まれ。山が好きです。