27歳は選択の連続。私たちが「選ぶ力をつけるために」何を指標に生きていくのか。

こんにちは、27歳の侑子です。

  

先日、ふらっと立ち寄った本屋さんに置いてあった女性誌で、こんな記事を読みました。

思えば、まいにちが選択の連続です。
どの服を買おうか、ランチに何を食べるのか、といった日常の些細なことから、
この人と結婚していいのか、今の仕事を続けるべきなのか、結婚しても共稼ぎでやっていくのか……といった人生を左右するような決断まで、私たちは日々「決定」することを繰り返しています。無限にある情報の中から何をチョイスして、何をスルーするのか。自分に必要な情報は何なのか?
この時代、自分らしく生きるために必要なのは「選ぶ力」を持つこと。

( 引用:https://withonline.jp/newbook/8w9L7 )

転職、結婚、出産…
わたしもまさに、その「選択」の渦の中にいる。

何を選択することが「正解」で、何が「不正解」なのか。些細なことにも迷い、いつも周りに溢れる情報に翻弄されているな。

そんなことをぼんやり考えながらページをめくっていました。

  

わたしたちは、これからの未来を選択をするときに、どういう視点をもつべきなのでしょうか。

”選択”をする方法がわからない

私も27歳で転職をした内の1人。
レールに乗っかるように社会人になり、就職し、がむしゃらに働いていました。

  

仕事はそれなりに楽しく充実していました。
けれど、なんとなく満たされない毎日を過ごしていました。
そんなことはお構いなしに日々忙しく、何で満たされないのかゆっくりと考える時間もありません。

というよりも、考え方がわからないし、そのことを見て見ぬふりをしていたのかもしれません。

  

私の周りでは、結婚、妊娠・出産、キャリアップ、転職、海外へワーホリに…、など。みんなそれぞれの人生を歩み始めているところ。それぞれの人が、それぞれの人生の岐路にいるところでした。

  

私は何をしたいのだろう。
これからの日々で、何をやりとげたいのだろう。

  

周りの動きを横目に

前に進まなけらばならない気持ちと、
どこに進めばよいのか迷う気持ちと。
ただただ”焦り”が募る日々でした。

  

「やりたいこと」「やりたくないこと」との付き合いかた

24歳のとき、わたしは東京で働いていました。

  

東京に憧れがあったわけではなく、地元で暮らすことに息苦しさを感じていたから東京に来ました。(働きたい場所があった、という理由もちろんあります。)

もやもやした気持ちを晴らしてくれるような何かがあるのではないか。
東京は、そんなエネルギーの強い街だと感じていて。そのエネルギーが何とかしてくれる、というような不思議な期待を抱いていました。

  

『やりたいことがもやっとしている。
”これじゃないとあかん”というものがない。
あればやるけど、まぁなくてもいい。
要するに、自己主張がないのよ。』

東京で出会った女性に、そう言われたことを今でも覚えています。

 

誰かがなんとかしてくれる、という他人任せな生き方だったので。そこが見抜かれたのかもしれません。
そうなんだ…と思いつつ、当時はその言葉を消化不良のままにしてしまい、時間だけが過ぎていきました。

  

  

また、”4年後くらいに実現したいこと”という自分のぼんやりした将来像を、初対面で出会った別の女性に話していたときのことです。

『今やらなくて、できるようになるなんて、思えない。

今が4年後の未来と一緒なんだよ。』

初対面の人に、びしっと言われてしまったわたし。
「初めて出会ったあなたに、何がわかるんだ」と、はじめは反発しました。(心の中で)

それでも、内心ぐさっと痛いところを刺されたことは、わかっていました。

  

その頃のわたしは、自分の直感を限りなく信じて行動していました。
それが良い選択方法だったときもあります。
いつだって、自分が納得のいくように選択して行動したいと思っていました。

しかし、「納得していないからやらない」という考えが、全ての場面で通じることなのでしょうか。

  

例えばの話です。


私は最近訪問看護という、新しい職場に転職しました。

そこで、

ナースちゃん
お家で看取りの看護をしたいんだ!

という目標を持っていたとします。

もしそのときに

ナースちゃん
わたしは看取りの人以外は訪問したくありません!
などと言っていると、どうでしょう。

転職してそうそうに、在宅での看取り看護ができるのでしょうか。

  

まず訪問看護の基本として

・訪問することに慣れる。
・スタッフとどのように連携を取ればよいかを学ぶ。
・子どもの通常の成長発達を支える看護とは何かを学ぶ。など

働くうえでの基本を押さえてからでないと、看取りで良い看護ができるとは思えません。亡くなる現場で看護をするということは、いつも以上に注意深い観察力と精神力が必要だと思うからです。

  

わたしたちが選択しながら生きていくためには、
わたしが「やりたいこと(実現したいこと)」と、その実現のするまでにハードルとなる「やりたくないこと(避けたいこと)」と、どう向き合っていくのかが重要となってくると思います。

  

そのうちできるようになると思う。
できるときにやろうと思っている。
時間ができたら始めようと思っている。
といったことは、
いつまで経っても続かないし、身につかないし、実現されないことが多いです。

  

何を実現したいかがわからなくて日々焦ることもあると思いますが、そういうときこそちょっと立ち止まって考える時間なのだと思います。  

いままで「やーめたっ」とあきらめてしまったことはないかな。
「やろうと思っていたけどできなかった…」ということはなんだったっけ。

そのときに、どうしてそれをやりたいと思ったのか。
そして、実現するために壁となったことは何だったのか。

   

やりたいと思った気持ちを抱きしめてみる

 

何か選択に迷ったときや、続けることがめんどくさくなったときに
私は「やりたいと思ったときのきっかけ」を見つめ直してみることにしています。

・なぜ小児看護師になりたいと思ったのだろう
・なぜ結婚したいのだろう
・なぜブログを書き始めたのだろう
・なぜ今日はこのランチにしたのだろう…

何を選ぶにも、その背景があり、必ずきっかけがあります。

  

なんとなくで選ぶものなんて、ないんじゃないかな。

なんとなく選んだコンビニのおにぎりだって、前に食べて美味しいと思ったからだし、美味しそうだと思った何かきっかけがあったから。

  

だからもっと大きな人生の決断で迷ったとき。
「私が選んだ、その背景はなんだったかな?」と考えてみます。
すると、ちょっと忘れていた気持ちや、行動することを奮い立たせた”温かい感情”が思い出されるように思います。

迷ったときは、やりたいと思った気持ちをそっと抱きしめてあげるのです。

そして、「人に言われたからやっているのではなくて、私がやりたいと思ったから選択して、今ここにいるんだ」と心の中で呟けたら、ふっとスタート地点に戻ってこれるような気がしています。

  

自分らしく生きるための選択方法とは

わたしが思う、自分らしく生きるための選択方法とは
「何かをやりたいと思ったときの温かい気持ち」を指標とすることです。

  

何かを実現したいと思ったときには、必ず「誰かのために」という相手がいないでしょうか。身近な人かもしれないし、遠い誰かのためを思ってかもしれない。相手のより良い未来を考えて、思いを巡らせたのだと思います。

  

その人のことを思い浮かべたときに、自分が動く方向性が決まってくると思うのです。

  

誰かの評価を気にするよりも、私自身が何を成し遂げたくて、目の前にいる人の何に貢献できるのかを考えること。
その成し遂げたいことの、事の大小は関係なく。

   

  

そのためにもう一つ、大事にしていることがあります。

それは、自分の気持ちを日々書き出すことです。

  

わたしはそれを、日記とnoteで行っています。

日記は誰にも見られない感情を書き出す場所。もう15年ほど続けています。

一方noteは、外部に向けて心の動きを書き出す場所。
これはここ1カ月ほど続けていますが、日記とはまた違った感情の発見があります。日記よりもより感情を整理して書く場所です。

「温かい気持ちってなんだろう?」
「自分の心の動きがわからないし、結局何をしたいのかもわからない。」

そう思っている方は、一度感情を書き出すということをおすすめします。

私はこのおかげで、今までよりも自分の感情と向き合うことができるようになったなぁと思っています。

おわりに

これから先も、迷うことや葛藤することはたくさんあると思います。なくなることは、ないでしょう。そんなとき、いつも私が、わたし自身の気持ちを丁寧に感じ、「選択」をしていけたらと思うのです。

  

「正解」や「不正解」ではなく、”自分がやりたいと思ったから選択した”と思えるような行動をしていきたいと思っています。

  

まとめ「選ぶ力をつけるために」
・選ぶときの気持ちの背景を感じる。
・「やりたい」と思ったときに感じた温かい気持ちを指標とする。
・選択したのは、「わたしがやりたいと思ったから」。
・自分の感情を日々書き出してアウトプットする。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

明日も会いたい人になる。 自分の心のもやもやを解決したい⏩小児看護の道へ。成長の源は、人と旅と看護の出会いから 小児がん3年 / 小児訪問看護1年目 小児医療人集まれ~!の会 主宰(不定期開催)。1992年生まれ。山が好きです。