27歳は選択の連続。「選ぶ力をつけるために」何を指標に生きていく?

こんにちは、ゆうこです。

  

先日、ふらっと立ち寄った本屋さんに置いてあった女性誌で、こんな記事を読みました。

思えば、まいにちが選択の連続です。
どの服を買おうか、ランチに何を食べるのか、といった日常の些細なことから、
この人と結婚していいのか、今の仕事を続けるべきなのか、結婚しても共稼ぎでやっていくのか……といった人生を左右するような決断まで、私たちは日々「決定」することを繰り返しています。無限にある情報の中から何をチョイスして、何をスルーするのか。自分に必要な情報は何なのか?
この時代、自分らしく生きるために必要なのは「選ぶ力」を持つこと。

( 引用:https://withonline.jp/newbook/8w9L7 )

転職、結婚、出産…
27歳の私もまさに、その「選択」の渦の中にいます。

何を選択することが「正解」で、何が「不正解」なのか。
些細なことにも迷い、溢れかえる情報には翻弄されてしまいますね。

  

これからの未来を選択をするときに、どういう視点や指標をもつべきだと思いますか。

”選択”をする方法がわからない

  

27歳で転職を経験しました。
これは私にとって人生の中の転機の一つなのですが
転職という決断を選択するまでは

レールに乗っかるように社会人になり、就職し、がむしゃらに働いていました。

  

仕事はそれなりに楽しく充実していましたが、なんとなく満たされず、物足りない毎日を過ごしていました。

それでも毎日忙しくて私の気持ちはお構いなし。
何で満たされないのかゆっくりと考える時間もありません。

というよりも、考え方がわからないし、そのことを見て見ぬふりをしていたのかもしれません。

  

周りは、結婚、妊娠・出産、キャリアップ、転職、ワーホリ…など。
みんなそれぞれが人生の岐路に立ち、各々の道を歩み始めているところ。

  

私は何をしたいのだろう。
これからの日々で、何をやりとげたいのだろう。

  

周りの動きを横目に

前に進まなけらばならない気持ちと、
どこに進めばよいのか迷う気持ちと。
ただただ”焦り”が募る日々でした。

  

「やりたいこと」「やりたくないこと」との付き合いかた

  

自己主張がない私。

24歳のときに働いていた場所は、東京です。

  

憧れがあったわけではなく、地元で暮らすことに息苦しさを感じていたので東京に逃げてきました。(働きたい場所があった、という理由もちろんあります。)

もやもやした気持ちを晴らしてくれるような何かがあるのではないか。
ここに来れば何かが変わるのではないか。



東京はエネルギーの強い街だと感じていました。
そのエネルギーが何とかしてくれる。私を変えてくれる。
このような不思議な期待を抱いていました。

  

そんなときに出会った女性経営者に言われた一言があります。

  

『やりたいことがもやっとしている。
”これじゃないとあかん”というものがない。
あればやるけど、まぁなくてもいい。
要するに、自己主張がないのよ。

 

あなたは自分の有り余るエネルギーを使いこなせてないよ、と言われたのです。


誰かがなんとかしてくれる、という他人任せな生き方。
そこも見抜かれていました。


それならどうしたらいいの?
当時は言われた言葉に納得できず、消化不良のまま。
時間だけが過ぎていきました。

  

4年後も変わらない私。

24歳のとき、子ども食堂に興味があったんです。

それを4年後くらいに実現したいと、フリーランスで仕事をしている女性に話したときのこと。

『今やらなくて、4年後にできるようになるなんて思えない。

今が4年後の未来と一緒なんだよ。

初対面の人に、びしっと言われてしまった。

初めはびっくりしました。


そんなことを言われるとは思ってなかったし
「初めて出会ったあなたに、何がわかるんだ」と反発心が生まれました。

内心ぐさっと痛いところを刺されていたからだったんですけど。

思考が変われば行動や視点が変わる

  

当時の私は、自分が納得のいくように選択してから行動しようと思っていました。

でも、何かを実現するときには納得感は重要ではなかったのです。
2人の女性に言われたことも、もっともなことです。

  

  

  

わたしたちが選択しながら生きていくためには、
「やりたいこと(実現したいこと)」と、
実現までにハードルとなる「やりたくないこと(避けたいこと)」と、
どう向き合っていくのかが重要となってきます。

  

そのうちできるようになると思う。
できるときにやろうと思っている。
時間ができたら始めようと思っている。


それでは
いつまで経っても続かないし、身につかない。
実現されないことがほとんどです。

  

何を実現したいかがわからなくて焦っているときこそ、
立ち止まって考える時間が必要です。

やめたいと思った時には、どうしてそれをやりたいと思ったのか。
そして、実現するために壁となったことは何だろう?と考えます。

人の思考は、叶えたいことがあっても、
「嫌だな。めんどくさいな。」
というネガティヴな感情が心の底で働くと、
叶わないような思考や行動になってしまうようにできています。

最近読んだ「探し物はすぐそこに」という本に

”叶わない、という心の底の思いが叶っているんだよ”
という一文があります。

この一文を読んで、ハッとしました。
まさにその通りですよね。

  


仕事を辞めたい。
彼氏がほしい。
お金がもっとあればいいのに。

このように思い続けることが、無意識な思考の習慣を作り出し、それが行動として表れるのです。

  

嫌な作業も習慣も視点を変えるだけで取り組む姿勢は変わります。
小さなことにも感謝ができるようになれば、物事への執着は愛着へ変わります。

やりたいこともやりたくないことも
自分が叶えたいことのためには
視点や思考を変えていくことが必要なのです。


   

やりたいと思った気持ちを抱きしめてみる

 

叶えたいことは、選択に迷ったときや、続けることがめんどくさくなったときに目標や使命感を見失うことが多々あります。


そのときに「きっかけ」を見つめ直すようにしています。

・なぜ小児看護師になりたいと思ったのだろう
・なぜ結婚したいのだろう
・なぜブログを書き始めたのだろう
・なぜ今日はこのランチにしたのだろう…

直感で選んだことも、必ずきっかけ(背景)があります。

  

なんとなくで選ぶものなんて、ないんじゃないかな。
直感には必ず「メッセージがある」と言われています。

例えばなんとなく選んだコンビニのおにぎりは、前に食べて美味しいと思ったからです。または、「こんな具で、こんな味のおにぎりが食べたいな」と思い描いていたからです。

 

もっと大きな人生の決断で迷ったときも同じです。

「私が選んだ、その背景はなんだろう。」


その目的や背景を思い出したなら
心を揺さぶる”温かい感情”が思い出されてきます。
これだ!という使命感のようなものです。

  

迷ったときは、やりたいと思った気持ちを受け止める意味で
そっと抱きしめてあげるのです。

 

思考の背景を考える癖をつけることで、「人に言われたからやっているのではなくて、私がやりたいと思ったから選択して、今ここにいるんだ」と自分の行動の原点に戻ってくることができます。

  

自分らしく生きるための選択方法とは

自分らしく生きるための選択方法は


「何かをやりたいと思ったときの温かい気持ち」

つまり、「行動の原点」を指標とすることです。

  

  

誰かの評価を気にするよりも
私自身が生きていくうえで何を成し遂げたいのか。
目の前にいる人の何に貢献できるのか、を考えること。


成し遂げたいことの、事の大小は関係ありません。

   

  

自分の原点にある気持ちなんてわからないよ。

 

 

このように悩む人には

自分の気持ちを日々書き出す習慣をみにつけることが効果的です。

  

わたしはそれを、日記とnoteで行っています。

日記☞誰にも見られない感情を書き出す場所。
   もう15年ほど続けています。
note☞外部に向けて心の動きを書き出す場所。
   日記よりもより感情を整理して書く場所です。

「原点となる温かい気持ちってなんだろう?」
「自分の心の動きがわからない。結局何をしたいのかわからない。」

そう思っている方は、一度感情を書き出すということをおすすめします。

ゆうこ(27)
言語化習慣のおかげで、今までよりも自分の感情と向き合うことができるようになったと思っています。

おわりに

これから先も、迷うことや葛藤することはたくさんあると思います。
なくなることは、ないでしょう。


そんなときに、いつもわたし自身の気持ちを丁寧に感じ
「選択」をしていけたらと思うのです。

  

言霊という言葉があるように

言葉が変われば心が変わる。
心が変われば運命が変わる。

  

言語化し、温かい気持ちに気づき、行動に移していく。

  

「正解」や「不正解」ではなく、
”自分がやりたいと思ったから選択した”
と原点となる気持ちを大切にして
自分の決断に自信を持って行動していきたいです。

  

まとめ「選ぶ力をつけるために」
・選ぶときの気持ちの背景を感じる。
・気持ちの原点を指標とする。
・選択したのは、「わたしがやりたいと思ったからだ」と自信をもつ。
・自分の感情を日々書き出してアウトプットする。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

【看護師/ベビーマッサージ講師/小児タッチケアセラピスト】 人格形成の原点はどこ?を解決したい⏩小児看護の道へ。 細く長く看護師続けたい! 成長の源は、人と旅と看護の出会いから 小児がん病棟勤務→27歳で訪問看護師になる。 明日も会いたい人になることが目標です。 小児医療人集まれ~!の会 主宰(不定期開催)。 1992年生まれ。山が好きです。