小児看護師になるには?

こんにちは、侑子です。(@kichanotabi

先日TwitterのDMで、”将来、小児看護師になりたい”という方々から質問がありました。その中から2つ、ご紹介します。

  

看護学校の選び方

質問者さん
高校生です。将来小児看護師になりたいのですが、看護学校はどのように選ぶのがよいですか?

学校選び、慎重になりますよね。


高校生のときは大学進学にとてもこだわりを持っていたので、その気持ちがすごくわかります。(笑)(詳しくはプロフィール欄をどうぞ。)

  

私自身、大学のオープンキャンパスにいくつか行って、志望校を選択しました。気になる学校に実際に足を運んで雰囲気を感じることが大事かなと思っています。

「ここの学校、いいな。」という直観には、そこに至るまでのいろいろな背景があるでしょう。

  • カリキュラム内容に興味がある
  • 校舎の雰囲気が好き
  • 教えてほしい先生がいる
  • 人の雰囲気が良い

など。

その直感が決め手になります。(^ω^)

  

補足
 ちなみにですが、
私は志望大学で学んだわけではないのですが、小児看護師になれました。

就職や後、実際の現場での学びのほうが100倍多いです。(実習での学びも多かったです!

机上の学びをいかに現場で生かせるか、が重要だと思います。

  

就職する病院を決めるときも同じ感覚で決めました!

 

小児看護の実習について

質問者さん
小児看護の実習はどのようなことをしますか?

詳細なカリキュラムは、学校によって異なります。


私が学生のときは、小児科病棟実習が1週間幼稚園実習が1週間でした。
幼稚園実習では、健常児の成長発達を学ぶことが目的です。

とにかく子どもと遊び回って、疲れた記憶があります。(笑)

  

小児病棟の実習では、受け持ち患児さんの情報収集・関連図・看護計画立案をして、実際に看護を行っていきます。

この看護計画というプランに沿って、どんな看護を提供していくのかを考えて関わります。患者さんにとって必要な看護介入なのか、改善したほうがいいのか現状のままでいいのか。

慣れるまでは時間がかかるかもしれませんが、大事な思考過程なので、根気強く取り組むことをお勧めします。「わかる!」が増えてくると、看護も楽しくなりますよ(*’ω’*)

  

☟この本、学生のときから現在に至るまで、愛用しています。

  

  

  

小児看護師になるために

  

質問ありがとうございました。

  

小児看護師が一人でも増えて、小児看護の輪がもっと広がることを願っています。就学先や就職先選びは気になるところですが、あなた自身がなぜ小児看護師を目指そうとおもったのか。

  

それをいつまでも忘れないでいてほしいなぁと思います。

辛くなったり、道に迷ったりしたときに、いつでも”原点に立ち返る”ことで、自分の目標や目的を思い出せます。「またがんばろう」と思い出して、いつでも再出発することができます。

  

これからも一緒にがんばっていきましょうね。

以上、未来の仲間への、エールでした。

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

明日も会いたい人になる。 自分の心のもやもやを解決したい⏩小児看護の道へ。成長の源は、人と旅と看護の出会いから 小児がん3年 / 小児訪問看護1年目 小児医療人集まれ~!の会 主宰(不定期開催)。1992年生まれ。山が好きです。