新しい職場で愛される人になるヒント

もうすぐ4月。
新しい職場環境で働く人、多いのではないでしょうか。
新しい職場、緊張しますよね。

  

新卒の職場、転職先、バイト先、と
定期的に職場を変えてきた内の1人ですが
どの職場でも一緒に働く人達に恵まれてきたと思っています。

  

一番大変だなと思うのは
職場の環境になじめるまでの期間!!
辛いですね、この期間は。(*_*;

  

すごく難しいなと思ったからこそ
どのような心持でいればよいのか
実体験から学んだことをお伝えしていきます。

  

プライドを捨てる

  

「私プライドないんですよ。」

そう思ってたとしても、人には実は大なり小なりあるんです。
なぜなら私がそうだったから。(笑)
プライドない~と言いつつ
”経験を認めてほしい”という気持ちがありました。

  

以前に書いた記事で、以下のような気持ちを綴りました。

  

わたしは新しい職場に転職して
自分よりはるかにキャリアを積んでいる先輩方と
一緒に仕事をしている。

その中で、経験にはかなわないなぁと思いながらも
どこかで「自分も頑張ってきたから、私の経験も認めてほしい」
という思いがあったのかもしれない

  

3年病院で働いていたときは
あんな経験をしてこんなことを評価してもらえて…

ということを無意識に
真っ先に伝えようとしていました。

  

でも新しい職場は、前の職場とは違います。

  

仕事の基礎は同じでも
それぞれの職場で求められる人物、仕事、心持は違います。

  

今までの経験がゼロになることはないし
その内に活かせることは
様々な場面で出てきます。

  

新たなところで頑張ると決めたなら
プライドはいったん置いておいて


先輩の働く背中から学び、
その職場で求められることは何か?を
考えましょう。

  

わからないところを素直に質問できる

  

新しい職場で困るのは
わからないことだらけだということ。

  

例えば病棟なら、配属病棟の特色・患者さんのこと・
物品の位置・スタッフの名前・多職種連携方法・院内ルール…

  

あげれないくらい知らないことがたくさんあります。

  

覚えることが多いし、経験していない疾患や技術もたくさんあります。

  

看護師として長年働いていたとしても
経験内容は全然違うので
経験していない疾患や技術があっても
恥ずかしいことではありません。

  

新しいことを学ぶチャンスだと思って
わからないことは「わからない」と言える勇気も
大切です。

  

時々「そんなことも知らないの?」と
威圧的な人もいましたが
いちいち傷ついていては
心が疲れてしまうばかりなので
気にすることはありません。

  

病棟にはたくさんのスタッフがいるので
きちんと教えてくれる先輩に
教えてもらえばいいと思いますよ。

「わからない」と素直に言える人のほうが
好感が持てますし、圧倒的に伸びます。


入社数か月後に感謝のメッセージを

  

入社1年目は自分のことで精いっぱい。

  

でも教えてくれる人たちも
教えることにエネルギーが必要ですし
マンパワー不足を補っているわけだから
疲労が溜まっていることが多いです。

新卒で看護師になったとき
毎日必死で、自分のことしか
考えていませんでした。

  

あるとき当時の看護師長から


「お菓子用意したから、これプリセプター(※)に
プレゼントしときなさい。」

と言われ、プレゼント包装されたチョコレートを
渡されました。

(※)プリセプターとは、新人看護師をマンツーマンで指導・支援する看護師のこと

当時は厳しく指導をされていたので
先輩のことも怖いと思っていたし

プレゼント、渡すの…?と
同期と思わず顔を見合わせてしまいました。


けれどせっかく師長が気にかけてくださったので
メッセージカードを用意して
担当プリセプターのロッカーにお菓子を投函。

  

この出来事をきっかけに
厳しかったプリセプターとの関係性が
劇的に良くなりました。

 

 

「お菓子ありがとう!」と言ってくれた
先輩の表情は柔らかくて
その後の指導も優しさを感じられたように思います。

  

面と向かって感謝の気持ちを伝えるとは
後輩にとってはハードルが結構高い。

  

でも500円くらいのお菓子と手紙を通して
感謝の気持ちを伝えることは
伝わりやすいし喜んでもらえます。

  

彼氏から、なんでもない日に突然のプレゼントとか
嬉しいじゃないですか。
先輩後輩関係も、同じですよね。

  

この経験をもとに、転職先でも
入職後数か月たった頃に
少しのプレゼントと手紙で感謝を伝えました。

  

これをきっかけに
ぎくしゃくしていたものが
緩んだ人間関係もありました。

  

いつもお世話になっている人にはもちろん、
苦手だと思っている人にこそ
「ありがとう」と伝えるべきもの。

  

人間関係が良いことが
働くうえで大切なことです。

  

愛される3つのヒント

  

  • 経験へのプライドを捨てること
  • わからないことを素直に聞けること
  • 感謝の気持ちをつたえること

これが職場で愛され、今後を応援してもらえる人になれる
ヒントです。

  

私の実体験は以上です。

また「こうしたらよかったよ」
というご意見があれば
教えてくださいね。

  

多くの人が人間関係で悩まずに
気持ちよく働けるようになると
いいなと思います。

ゆうこ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

【看護師/ベビーマッサージ講師/小児タッチケアセラピスト】 人格形成の原点はどこ?を解決したい⏩小児看護の道へ。 細く長く看護師続けたい! 成長の源は、人と旅と看護の出会いから 小児がん病棟勤務→27歳で訪問看護師になる。 明日も会いたい人になることが目標です。 小児医療人集まれ~!の会 主宰(不定期開催)。 1992年生まれ。山が好きです。